「超能力者となるには」動画中の説明文

人類滅亡のカウントダウンがいよいよ始まりました。
日本は「日出ずる国」と言いますが、これは日本から物事が始まるという意味なのです。
東日本大震災は、人類滅亡のシナリオが始まる号砲なのです。

今後しばらくは安定しますが、
いずれは このような巨大地震が日本はもちろん世界中に起こって来ます。(伝わって行きます)
同じくして、地球温暖化による異常気象も牙を向いてくるようになってきます。
いずれも、地球人による自然破壊がもたらした結果(因果応報)なのです。

こうなると、私たち地球人の今の能力では、太刀打ちすることは出来ません。
人を助けるどころか自分自身を守ることさえ出来なくなります。
出来ることはただひとつ、死を待つだけです。

でも、ご心配なく。

本当の人間の持つ能力は、こんなものではありません。
今、あなたが意識している心は、顕在意識にある仮の心。
潜在意識にある心があなたの本当の心。
その心が目覚めたならば、(覚醒したならば)
あなたは もう超能力者となります。
さらには、守護霊と会話できるようになり、その指示に従って行動すればよいだけとなります。
災害が起きても、必ず救われるように導かれます。
重大な局面においても、判断に迷うことは無くなります。

そのためには、今あるあなたの心のレベルをもっともっとあげて下さい。
今のあなたの心では、たとえ超能力を使えたとしても
かえって災いのもととなるか、マジックのようなショー的なことにしか使えません。
僅かな悪心や憎しみがあると、人を傷つけることにもなりかねません。

超能力を使うには、人間としての正しい心を持たないことには使えないということです。
人間として正しい心とは何かを早く知るには、(苦しみを少なくするには)
私の書物(今ある物、これから書いていく物)をすべてお読みください。
まずは、ウェルテック・ジュジュのホームページを御覧ください。
自身で悟れる方は読む必要はありませんが、
極力、皆様方の苦しみを少なくしたいという願いで
ウェルテック・ジュジュのホームページを掲載しています。
ここのところ、ご勘違いなされないようにお願いします。

私自身は、平成元年に覚醒しています。
その後、一時期の間、体の一部分ではありますが、超高速(≒瞬間)移動・物体貫通と
極短時間の空中浮遊などの超能力を試したことがあります。
この三つが使えると、危険回避は容易となります。
超高速移動と物体貫通と空中浮遊を同時に使うと、
いわゆるテレポート(瞬間移動)と呼ばれる超能力になります。
(超高速移動と瞬間移動は少し意味合いが違います。)
このような超能力を使うには、自分の体を気化(半霊化)する必要があります。
また、テレポート先が安全なところかどうか透視できるなどの能力も必要となります。
詳しくは、波動合わせPart5[時間と空間]で説明します。
後は、インドのプララド・ジャニさんのように飲食なしで生きられるようになることです。
(あるいは、ドラゴンボールに登場する仙豆のようなものがあれば)
これで、なんとか現代文明の最後まで生き延びることが出来ます。

超能力と言っても科学です。
超能力とは、波動をコントロールして、物質や法則を変化さすことを言います。
時間や空間までもコントロールすることが出来ます。
超能力は、波動の科学の神髄なのです。
波動の科学の原理を知ってこそ超能力を自由自在に操ることが出来るのです。
詳しくは、波動合わせPart5[時間と空間]で説明します。

超能力を本格的に使うには、2012年12月のアセンションを過ぎ、
地球の波動が上昇するのを待たなければいけません。
今の地球の波動で超能力を使うと、自身のエネルギーが極度に消耗します。
それまでは、むやみに超能力を使わないことです。
今は、心のレベルを上げることに邁進する時です。

心のレベルを上げる(覚醒する)には、それなりの苦労が必要です。
でも、覚醒してしまえば、その後の苦しみはありません。
苦労が続くのは、覚醒するまでです。

しかし、私は、覚醒してから人生のどん底に落ちました。
私は、この世に生まれてきた者としては例外中の例外です。
この世には、前世も来世もありません。
それは、自分の心を修正するために生まれてきたからではないからです。
皆様方の、お手伝いに来たからです。
私の潜在意識にある心は完璧です。
しかし、顕在意識にある心はまだまだです。
振りかかる煩悩を完全に制することが出来るようになるまでは、
肉体的な苦痛に耐えなければなりません。

私は、この宇宙では、顕在意識にある仮の心を自分の心として生きて行くことになります。
潜在意識にある心は、意識こそは出来ても その本当の心を現すことはありません。
皆様方は、覚醒すれば潜在意識にある心が あなたの本当の心となります。
そのとき、今ある心が自分の本当の心でなかったことに気づくでしょう。

今の私は、病気がありますので それだけでも苦痛ではあります。
だけど、それだけでは顕在意識にある心は思うように成長しません。
また、自分の持つ病気を治すことが出来ません。
辛くても、さらに負荷を掛ける必要があります。
もっとも良い方法は、人の治療をすることです。

私の治療は、いわゆる気功と呼ばれている治療方法のひとつです。
気功とは、波動をコントロールして人を治すことを言います。
波動をコントロールするわけですので、これもひとつの超能力と言えます。
まだ、未熟ではありますが、指や掌を当てるだけで、症状が劇的に改善されて行きます。
病院では良くならない症状も良くなって行きます。
災害時に、薬もない手術もできない状況下において、この能力は必要不可欠なものです。
超能力を使うとしたら、まずはこの能力からです。
どんな超能力が使えるかは 人によって違うと思いますが、
使える方は、是非この能力を身につけてください。
(私は、私の療法を波動合わせ療法と呼んでいます)

でも、アセンションまでに超能力を使うわけですので、肉体的負担が大きいです。
しかも、今の私は自分自身の病気がまだ治っていません。
「宇宙エネルギーをGetできる絵」からエネルギーを補充しながらも、大変な負担ではあります。
毎晩、苦しみとの闘いです。

しかし、この苦しみこそが心の糧なのです。
苦しみがあるからこそ心がパワーアップし、さらなる超能力を使えるようになるのです。
その証拠に、私の人を治す能力は着実にアップしています。

アセンションを過ぎれば、苦しみは徐々に無くなって行きます。
覚醒していない人は、アセンションを過ぎても、覚醒するまでは苦しみは続きます。
(続かなければならないです)
前世にそれなりの苦労を積んだ方や覚醒した者に着いて行く方は、そう苦労する必要はありません。

現時点において、気功に限らず何らかの超能力を使っても、肉体的負担のない人もいます。
これは、守護霊が操作しているからです。
特に、レイキとかヒーリングとか言われる治療は、それそのものです。
術者は、アンテナ役をしているだけです。
また、超能力を使うようなマジシャンがいたとしても、
それも ほとんど守護霊が操作しているのです。
マジシャンは、ただの操り人形に過ぎません。

現代文明の終焉に対して物質的な備えも必要ではありますが、
それは事が始まる前の数年前からで十分間に合います。
今は、とにかく心のレベルを上げることです。

日本は「日出ずる国」ですが、悪いことばかりが日本から始まるわけではありません。
良いことの始まりも日本から起き始めます。
エネルギー革命を起こすような大発明など、現代科学が最高の域に達するのも日本からです。
そして、何よりも人々の覚醒の始まりは、日本から起き始めます。
東日本大震災は、悪い事の始まりではありますが、
これをプラス思考すれば、良いことの始まりなのです。
これを教訓に、さらなる地震対策や原子力発電の見直しが始まってきます。
また、一時は経済的大打撃となりますが、やがては、日本経済復興の弾みともなります。
「災いを転じて福となす」わけです。
すなわち何事もプラス思考すれば必ず良い方向に向かうということです。